管工事とは何か

このコラムをシェアする

上下水道管の工事とは

日常生活の中で電気についで重要な上下水道の工事は管工事の仕事の一つに含まれます。
生活用水の供給のための上水はもちろん、衛生の観点から下水もとても重要なインフラ設備と言うことができます。

仕事内容としては一般の上下水道の工事があります。
しかしそれだけではなく、一般家庭にあるキッチンや風呂周りの水道管工事や水洗トイレの工事なども行います。
また、井戸周りの工事もこの上下水道管の工事に含まれるのが特徴です。

地方の地域ですと現在でも多くの井戸が健在しており、地域住民の方に利用されているケースが往々にしてあります。
また、井戸は防災の面から見てとても有用なもので、震災等の防災対策として井戸の工事を受注するケースもあるようです。
ですので、井戸関連の仕事の重要性も高いと言うことができます。

その他の管工事について

上下水道管以外にも管工事は様々あります。
まず、よく取り上げられるのはガス管の工事です。
ガス管は電気や上下水道に並んで日常生活上重要度の高いインフラ設備の一つです。
近年はオール電化住宅に取って代わられることもあるようですが、依然として需要の高い状況が続いています。

また、意外かもしれませんがエアコン関連の工事もこの管工事に含まれます。
地球温暖化の影響により平均気温は年々上昇しています。
特に、夏になると35度を超える猛暑日は毎日続くような時期も多く見られます。
こうした事情も相まってエアコン工事の受注は年々増えています。
特に、昔はエアコン普及率が低かった地方や東北、北海道の地域での受注が増えているようです。