電気通信工事とは

設備工事系の企業がどのような仕事をしているのかについて見ていきます。
設備工事とは、私たちの身の回りに存在する様々な設備を工作、設置する仕事です。
電気や水道、ガスなどのインフラ設備の設置などもこの設備工事に含まれます。
ですので、この設備工事は私たちが生活をしていく上で必要不可欠な仕事であると言うことができます。
また、人々の生活基盤を支えるとてもやりがいのある仕事であるとも言うことができますね。

しかし、設備工事とひとえにいっても様々な種類が存在します。
仕事のやりがいに憧れて設備工事系の企業に勤めたいと考えている方は、こうした種類についてしっかりと理解し、どのジャンルの設備工事が自分に向いているのか考える必要があります。
ですので、設備工事をいくつかに分類した上で、それぞれについて説明して行きたいと思います。

今回は、この設備工事を次の3つの分類に従って説明していきます。
1つ目は電気通信工事です。
さらに、電線や電気設備等の電気工事と、電話線やインターネット回線等の通信工事、信号装置工事に分けられます。
2つ目は管工事です。
これには、上下水道管だけではなくガス管や空気調和設備も含まれます。
最後は機械器具設置工事とその他の工事です。
さらに様々種類がありますが、プラント等の工作物やエレベーターが代表的です。

これら設備工事には、それぞれ特色があります。
ですので、これらについてしっかりと理解し、自分のやりたいことや得意不得意、所持している資格と合わせてどれを志望するのか考えるようにしましょう。

おすすめリンク

煙突工事の方法

長くて高い煙突!一体どうやって煙突工事が行われるのでしょうか?その方法をご説明します。

設備工事とは何か

まず、数多く種類がある設備工事の中でも、特に私たちの日常生活に直結する電気通信工事について見ていきます。 電気通信工事は、主に電気工事と通信工事、信号装置工事に分けることができます。 それぞれについて、どのような内容の仕事なのかについて説明していきたいと思います。

管工事とは何か

続いて管工事について見ていきます。 管工事も電気通信工事と同様に生活に必要不可欠な設備の工事です。 管工事の代表的なものは上下水道管の工事とガス工事です。 また、意外だと思われるかもしれませんがエアコン等の空気調和設備の工事もこの管工事に含まれます。

機械器具設置工事

最後に機械器具設置工事やその他の設備工事について見ていきます。 機械器具設置工事は機械器具一般を設置する工事です。 ですので、機械器具であればあらゆる設備工事がこの分類に含まれることになります。 その中でも代表的なものは、プラントやエレベーターの設置工事です。